美容院代を節約するコツをお教えします

おしゃれに気を遣う方は、髪の毛もいつもきれいにしています。
ただ、それには美容院に行くことで費用がかかります。
そこで、美容師の方に教えてもらった節約が出来る方法をお教えします。
まず、スタイルが長持ちをするカットの仕方をしてもらう事です。
特にショートヘアの場合には、少し伸びてきただけでもかなりきになります。
そこで、少し長めにしてハーフアップや編み込み、まとめるなど長持ち出来るかっとの仕方をしてもらう事です。
それから次は、カラーをする時には、ベースを暗めの色を選ぶ事です。
それによって、少し髪が伸びてきても目立つ事がなく、自然な感じを長持ちさせる事が出来ます。
また、自宅で出来る事として、シャンプーやコンディショナーなど質の良いものに変える事です。
それによって、カラーが長持ちしたり、髪の毛の痛みがなく、きれいな髪を保つ事が出来ます。
また、カットモデルになる事でカット代を安くする事が出来ます。
これらの方法なら、美容院代を節約する事が出来ます。

日焼け止めはシーンによって数値を選ぼう

美肌をキープするには紫外線対策が必要不可欠です。
毎日、日焼け止めを塗って紫外線対策しているという人も、多いのではないでしょうか。
日焼け止めにはどのくらい紫外線から肌を守れるかを表した数値、SPFとPAが記載されています。
SPFの場合、記載されている数字が大きくなればなるほど、紫外線から肌を守る効果が高いです。
PAは+の数で紫外線から守る目安が記載されています。
SPFとPAの数値が高いほど紫外線に対して強力な効果が期待できますが、毎日最高数値の日焼け止めを使い続けると肌にとっては負担です。
日焼け止めは使用するシーンに合わせて、数値を選ぶ必要があります。
例えば日常生活で浴びる程度の紫外線から肌を守りたい場合は、SPF30 ・PA++から+++程度の日焼け止めで十分効果的です。
海など長時間、紫外線を浴び続けるようなシーンでは、国内最高数値となるSPF50・PA++++の日焼け止めを選ぶと良いでしょう。